ここは為替相場についての根本的事柄についてのお話をします。為替相場は「自分で現金の送らない場合でも金銭のやり取りの趣旨を成し遂げる取引」を指します。日常的に為替取引というのは国際為替を言うというケースが多いのです。外国為替を簡潔にいうと通貨の交換を行う事です。海外へ旅行(イギリス、ベトナム、アメリカ)などしたことがあればきっと国際為替の体験をしたことがあるはずです。銀行に行って旅行先の国の通貨に交換をすればそれが外為という事です。為替レートは買おうと思っている人と売り手の額を表示したものです。銀行と銀行の取引によって決定されます。その銀行がマーケットメイカーと俗にいわれる世界中で指定されたいくつもの銀行なのです。為替のレートは種々の働きを受けて休まずリアルタイムに変動して行きます。為替レートを動かす要素とはファンダメンタルズというものがあります。ファンダメンタルズの意味とは経済情勢、経済の基礎とか要因のことを指します。国の経済の上昇や景気状況、物価、金融政策、貿易収支、無就業者数、有力者の一言などのものが影響し合って相場は変化して行くのです。とりわけ経常収支と失業者数は重大です。貿易収支とは何か日本でいえば財務省よりの命令で中央銀行(日本銀行)通関統計を使って書いた海外との任意の時期の貿易を書き留めたものですです。国際収支統計は中央官庁や日本銀行のホームページの中で知ることができます。雇用統計・失業者の数も影響する要素であります。ことにアメリカの雇用者の統計は影響します。毎月提示され、リサーチする目当てが幅広いのが大事なところです。為替のレートの推移はその国の経済の推移を示しています。景気の動きを見ることによって為替相場の変動の見極めが可能であると言えます。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.