FXをはじめたばかりの方がマーケットの勘所を理解するにはまず最初に注文を積み重ねていく事が不可欠です。とりわけ、前もって危険を嗅ぎとるようにするためには、失敗を積むことも体験のひとつです。もちろん、負けたといっても、大きなミスをする事は出来ません。取り戻せるぐらいの失敗を幾度か積み重ねることが結果的に自分のレベルを上げてくれます。これを考えると、まず初めはわずかな額でトレードを行ないそれによって何回かちょっとした間違いをすることをおすすめします。100万円だけしか投資資金がない場面で、100万円を全額賭けて取引すると、マイナスになった時、その後元に戻せない恐れがある。そうであるならば、たとえば資金の1割ずつ分割して売買して、これによって勝ち負けを体験した方が着実にミスをカバーする術なども学んでいくはずです。最初は小さな額でエントリーする事の利点は、先に記したように、自らの経験値を増やし負けを減らす方法を身に付けていく事にありますがそれと合わせて、売り買いの回数を繰り返して、偶然を減らせるというメリットもあります。仮定として、1回だけの売買で勝てる可能性が二分の一だと考えます。すると、等しい確率で損が生じる可能性もあります。勝率5割ということは。半分半分の割合で勝てることを示しています。ですが、全ての資金をつぎ込んでエントリーをするということは勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。それは賭けと同じです。つまり、全てを賭けて1度しか売買しないと、それだけでは損するリスクが大きくなってしまいます。これを避けるために、お金を1回にすべて賭けるのではなく、少額ずつ分けて、チャンスを積み重ねる事がリスク分散となる。ただ少しずつに分割しても全てのトレードでプラスにする事は大切ではありません。というか、勝てないのが実情です。売り買いで重要なのは勝つ確率ではなく、どのように儲けるかである。勝率5割でもさらに勝率が低くても儲ける事は出来ます。5割以上負けてもマイナスが少額ならば、わずかな勝ちのプラスだけで上手に利益を上げられます。そのために重要な事は、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。損したらすぐに損失を確定して、それとは反対に勝った場合はなるべく大きく稼ぐ事が、FX投資ビギナーがFX取引で成功する極意といえる。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.