「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを取引して収益を稼ぐ投資です。売買の注文の値段はいつも動いています。それがレートです。ニュースサイトを見ていると通貨の為替レートの話題が流れることがあります。たとえば、「ドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを意味しています。つまり、トレードには買値と売値の両方の値段が存在します。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示しているFX会社も存在しています。普段は売値のほうが買値よりも低く定められています。あなたが買値は高く、売値は低くなるはずです。その差をスプレッドといい、FX業者の収益となっています。スプレッドはFX取引会社によって違います。スプレッド幅はみなさんにとって負担になるので、狭いFX会社をセレクトしたほうが得です。ただ、同じ業者でも場面によってスプレッドの幅は変化します。平常時はドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドでも、為替の変動がかなり激しい状態では広くなったりします。ですから、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい変化しないということが不可欠です。固定したスプレッドの幅を提示する業者もいろいろ存在します。リアルにFX業者の取引画面で本当の為替相場を見て確認しなければ区別できないのでわずらわしいですが重要な事です。大事なお金を投じてエントリーをするのだから、リアルな売買の前に魅力的に思えたFX業者の取引するための口座開設を試して、表示されているスプレッド幅を点検しましょう。同じ通貨でも、ボラティリティによって通貨ペアのスプレッドの差は変わることがあります。おおむね、銀行間取引市場で取引高が多い外貨ではスプレッドの広さが小さく、別の通貨ペアではスプレッド幅が拡大するのが一般的です。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.