FXビギナーが為替の大切なところを探すためには初めに注文を積む事が大切です。とりわけ、未然に危険を回避できるようになるためには間違いをすることも大事です。言うまでも無く、損をするといっても、再起できないほど決定的なミスをする事は問題外です。取り戻せるぐらいの損を何度も実績を積む事が、結果として自分自身の場数を増やす事が出来ます。そう考えるとまず最初は少額資金でエントリーして、これで数回取り戻せるマイナスを経験することが大切です。たとえば、100万円だけしか投資に回すお金のない場合、いきなり全部つぎ込んでトレードすると、ミスした時、永遠に再起できなくなってしまう恐れがあります。そのため、一例として10分の1ずつ分けて注文してそれで売買を重ねた方が、所徐に失敗を減らす技術なども習得するはずです。はじめに少額で投資することの良いところは、既出の通り、体験を増やし、損を回避する手段を学んでいく事にありますが、合わせて、取引の回数を繰り返す事で危険を削減する事ができるという良いところもあります。仮に、1回限りのエントリーで勝てる確率が二分の一だと考えます。言い換えると、同じだけ損失を生む危険性もあるということになる。勝率5割ということは。半々の割合でプラスになる事を意味しています。ですが、全財産を賭けて勝負をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになります。これではたんに1度のギャンブルと同じです。言い換えれば、全財産を使って1度しか売買しないとそれだけでは負ける率が高くなってしまいます。これを回避するために、資金を全部投じるのではなく何回もに分けて、機会を多くすることがリスク管理となります。またいくつかに分けたとしても、すべてに勝利する事は大切ではありません。勝てないのが現実です。勝負で肝心なのは、いかに儲けるかです。勝率が2分の1でもたとえ5割以下でも稼ぐ事は出来ます。5割以上負けてもマイナスが少なければ、わずかな勝利の利益の大きさだけで相当儲ける事が出来ます。そのために大切な事は損失を少なく、利益を大きくを心がけることです。損したらすぐさまロスカット注文して、反対に勝った時には上手に利益を出す事がFXビギナーがFX投資で利益を上げる神髄です。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.