外国為替平衡操作(為替介入)は聞いた事がありますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、グーグル等の情報で確認した方もいるでしょう。元から為替介入というと我が国の場合、◯財務大臣が為替相場の安定を保つように遂行する方法と評価されています。わかりやすく言うと、極度の円高や円安になると財務大臣の指図をもとに中央銀行である日銀が日本円の取引をして為替のレートの安定を狙う、といったものです。為替介入(外国為替市場介入)は方法があります。1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京での市場において直接市場に参入してきて為替介入をする。2.協調介入・・・多くの銀行などが相談したうえ、各々の銀行などが資金を用いて同じタイミングないし随時為替介入(外国為替市場介入)を行なう。3.委託介入・・・国外の銀行などへの外国為替市場介入(為替介入)をお願いする。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の通貨当局に成り代わり外国為替市場介入(為替介入)を実行する。この通り方法です。いずれの為替の介入も一時期、引き続き市場に多大な影響力を与えることになります。為替介入の額はさすがに国の権威をかけているのですからスケールが違うのです。円を例に説明すると、普段はほんの少し変動しているレートがかなり変化をします。個人で投資をしている人であれば一度は体験していると思うのですが、それまでは問題なく利益(または含み損)が多い保有高を保持していたのだが、維持しているポジションが決済となりましたといった情報がFX業者の人間からメールが・・・どれだけ得になったのかな(損失が出たのかな)?と気にしつつ決済の通達を見たところ自分の中で思っていた事とはまったく反対の状況であり目が点になってしまうという例があります。為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際に多く聞いた話です。このように為替の介入が施行されると為替の動向とまったく逆の変動をすることがわかりました。さらに変動する金額の範囲はでかく変わるため注意が必要です。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.