普通の初めての方向けの外為取引の雑誌では「損をした時にはナンピンして、全体の買い付けコストを抑える」等と書かれていますが、現実的にはナンピン買いにはかなりの危険が待ち受けています。まずは、ナンピン買いのやり方に関してとても簡単に説明しておこう。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですので円安に推移するほど儲けが出るわけですが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。その場合所有し続けたら損がなくなるまでには損した分ドル高が進まなければなりません。損は早急に回復したいと考えます。これを解決するためはじめに注文したのと同じ量のドルを1ドル=95円で買います。そうすると、ポジションの買い付け価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。つまり、2.50円の幅で円安が進めば損を回復する事ができます。これが、ナンピン買いの仕組みです。このような、ナンピンの手法を聞くと、「なるほど」と考えるが、為替はそう易々と問屋を卸しません。元々、1ドル95円が下限だとということなど誰一人としてわからないのである。外国為替市場が強い円高ドル安の流れだとすれば、95円では収まらず、より一層円高に向う危険性があります。一例として、1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円まで円高ドル安が速んだらナンピン買いを入れたポジションも損が生じます。こういう状況では一番初めに注文したドルとあわせて、二重の差損を被ります。この例のように、ナンピンは難解です。それならば、外国為替市場があなたの脚本とは逆にさっと行ってしまった場合どういう手段で危険を避ければいいのでしょうか。選択できる手段は限られています。最初のひとつは観念してポジションを諦める事です。もうひとつの選択肢としては現在、あなたが保持しているポジションを縮小することによってマーケットが回復するのを待機する事です。相当主体性のない手段だと感じる投資家もいるkもしれません。だけど、所有しているポジションに為替差損が生まれた場合危険の少ない術はこの2つ以外にはありえません。言うまでも無く、理論としては、ナンピンするという手法もあるように思えます。だがナンピンは、自分か損をしている状態にもかかわらず買いポジションを無くすどころかそれとは反対に買いポジションを積み増していく対策です。これでは、危険を管理することなどとても可能ではない察するべきです。ナンピンをし続けられればその内儲けが出るかもしれません。けれども、それより先にお金が無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.