外為取引においては取引所取引というものがございます。普通のFX業者と商業取引を実施することを「店頭取引」と言うのですが、この取引に関しては取引所を通過させず商いの対象は外為取引企業になります。「取引所取引」というのはFX会社は仲介であるので、直接のビジネス相手は取引所という意味になります。その相違をこの場で若干比較してみます。初めに「店頭取引」の例は預託してある資金は外為会社に管制されています。一方「取引所取引」の例、そのお金は全額取引所に入金しないといけないと義務にされております。そうすることによって万一外為(FX)業者が経営の行き詰まりをするというような話があったとしても、後者は、取引所によってお金は全額保護してもらえることになっています。前者の時は外国為替証拠金取引(FX)業者が管制しているから、経済環境によっては業者倒産のしわ寄せをに襲われて預金していた資金は守護されずにいくのです。更に税金面からみても店頭取引と取引所取引は内容に相違がございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として報酬と総額で申し出をせねばいけません。ところが確定申告しなくても大丈夫な時もありますのでおのれに相応するのかしないのかしっかりと確認していただきたいです。万一あなたが勤め人で収入二千万円以下、給与所得以外の収益が二十万円以下(2.3の事業者から賃金所得はなし)という内容を満たしているなら特例というお話で確定申告は不要になります。外国為替証拠金取引(FX)利潤が二十万円以上場合は確定申告するようにして下さい。税率は利益に従い5%〜40%の六段階に分類されておりまして、収益が高ければ高いほど税も上がります。「取引所取引」に関しては、利潤があるのであればその他の手取りとは別口として「申告分離課税」の的になります。税の割合は一律20%となるのですが仮にマイナスが決定したのだったら「取引所取引」の得策として損失分を次年以降に先延ばしができるのです。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格な税率になるケースもありますので比較して研究していった方が良いでしょう。ことに初心者の場合、ジャスダック株価の変動や円の動きにいつも注視して、もうけや欠損分にひやひやする事で、税金を支払わなければならないという事態を忘れがちになることもあります。損分は困りますが、実入りが値上がりすれば税金も高くなるので意識と理解が重大でしょう。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.