今日は為替相場についての根本的事柄のお話をしたいと思います。為替相場とは「自分が持ち金の送金をすることなく金銭授受の望みをクリアすること」を示します。為替といえばほとんど外国為替のことを言い表す場合が多いです。外為を簡潔にいうと二国間のマネーのやり取りを指します。海外旅行(シンガポール、アメリカ)をした経験があるならば当然外国為替の経験があると思います。銀行の窓口で他国の通貨へ両替をしたのであれば、それは国際為替にあたります。為替の市場を簡潔にいうと買い手と売りたいと思っている人の価格を指したものです。銀行間のやり取りの末に決まります。そこはマーケットメイカーと呼ばれる世界の複数の銀行です。為替相場は種々の影響を受けつつ休むことなく時間とともに変化します。為替の相場を変えて行くきっかけとはファンダメンタルズというものがあります。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の流れ、経済の基礎とかいろいろな要素のことを言うものです。各国の経済の拡大や経済指数、物価の指数、通貨政策、貿易収支、有力者の一言と言った要因が関係して相場は変化して行きます。その中でも外国取引の収支と無就業者数は重要です。貿易収支とは何か、日本のいい方ですと省庁(外務省)の委任で日本銀行が通関統計を基にして作った海外との一定時期の貿易を書き記したものです。この統計は中央官庁や日本銀行のHPの中で開くことができます。就職者の統計・失業者の割合も肝心となることが多い要因であると言われます。中でも米国の就業者の統計はポイントとなります。毎月発表されリサーチの内容がワイドなことがミソです。為替の動きは各国の経済の推移そのものです。経済自体の変化を見定めることにより為替レートの動向の把握が可能であると言えます。

Copyright © 2002 www.cmdesigners.org All Rights Reserved.